☆実ではなく、種を育てる☆

みなさん、こんばんは!

最近はGYMには全く行けず、代わりに事務をやっています。

さてさて、今日のタイトルは「実ではなく、種を育てる」

猿蟹合戦の話ではないですが

お腹が空いているときに

「実」を食べればお腹がいっぱいになります。

逆にお腹が空いているときに

「種」を貰ってもお腹がいっぱいになりません。

だいたいの人は前者だと思います。

これを商売で表すと、、

確実に100万円が儲かる話がある!!

育つか、育たないか、分からないが、頑張って育てれば1億円儲かる話がある。
でも、それが明日なのか、10年後なのかわからない。

そうなったら、だいたいの人は、目先の100万円に食いつくと思います。

ですが、私は圧倒的に後者です。

そのば限りの「実」を食べても後に繋がりません。

その場の欲求を満たすことが出来ますが、

次も他力本願の「実」を待つしか有りません。

そこで「種」を取れば

もしかしたら「芽」が出るかもしれません。

その芽に毎日水をあげて、肥料をあげて育てていけば

いつになるかは、わかりませんが

沢山の実がなる大きな木に成長するかもしれません。

私は「種」を「人」だと思っています。

「人」の才能という「種」をしっかりと育てて

やがて大きな「木」になることを願っています。

その「木」が増えて「林」になり、、「森」になります。

才能ある若者の成長を見ているのが

最近の私の楽しみです。