☆桃栗三年柿八年☆

さて今日のテーマは

「桃栗三年柿八年」

おいしい桃がなるまでは最低でも3年は掛かる。

おいしい柿がなるまでは最低でも5年は掛かる。

その数年間はほっておけば勝手に育つかというとそうではない。

自然災害や害虫など予測不能な出来事がある。

個体差もあり全てが3年や5年で実がなるとは限らない。

2年で実がなる木があれば10年経っても実がならない木もある。

でも木は成長を続けている。

人間も同じ。

仕事やスポーツ、勉強でも成果が出るまでにはそれなり「時間」が掛かる。

私でさえ、ここまでくるのに未経験から6年掛かってしまった。

最低でも3年は努力する。

3年間一生懸命に頑張って結果が出なければ、それは努力ではなく、「才能」の問題。

1年や2年足らずの安い努力で判断をしてはいけない。

その3年間は無駄かもしれないが、必ず人間力は成長しているだろう。

焦らずに待つ。待てないなら最初からやらない。

そして人と比べてはダメ。

野心を持ち、自分の道を突き進む。

そうすれば立派な幹が育ち

大きな木になり

林になり

森になるだろう。

☆車なに乗ってるんですか?☆

みなさんお久しぶりです。

相変わらずの多忙な日々を過ごしています。

さて、私が良く聞かれる質問の一つが

「車なに乗ってるんですか?」

真面目に答えると、キャデラックとクライスラーを所有しているのですが

乗る暇が有りません。

自分のクルマに乗ってる時間よりタクシーに乗っている時間の方が長いです。

それより新幹線に乗っている時間が一番長いかな?

最近は地球規模で移動をすることが増えてきたので

飛行機や船、新幹線にも良く乗ります。

以上の点を踏まえた

「車なに乗っているんですか?」

に関する質問のベストアンサーとしては

一番乗る乗り物として

愛車は「あさま」

セカンドカーとして

「のぞみ」

と、答えるのがベストではないかと思います(笑)

好きな自動車メーカーは?

ベンツ、BMWではなく

JALとJRでしょう

☆年収1000万円がスタートライン☆

いつもご覧頂きありがとうございます。

今日もみなさんの為に更新するので、しっかりと刺激を受けて下さい。

さて今回のテーマは「年収1000万円がスタートライン」

?????何言ってんだこいつ、と思われる方がほとんどだと思いますが

私はそう思います。

今回はワールドカップも開催中なのでサッカーで例えてみるとしましょう。

サッカーは世界的な競技で発展途上国から先進国まで子供から大人まで、みんなに愛されているスポーツです。

競技人口も、抽象的な表現になりますが、かなり多いのではないでしょうか?

その中で、ワールドカップに出場できるのは、ほんの一握りの国だけです。

そして厳しい予選を勝ち抜いて、次の壁はグループリーグです。

こちらを勝ち抜くと次は決勝トーナメント進出つまり世界数百の国の中でベスト16になるのです。

そこからまた数戦を戦って勝ち上がってようやく優勝となるのです。

ようは世界一です。

さて「年収1000万円」がどのレベルかというと

地方予選を勝ち抜いて、ようやくワールドカップ出場が見えてきたレベルだと思います。

日本の平均年収と富裕層の割合を計算すると丁度いい数値です。

日本にも、沢山の労働者がいます。

その中で、俺は偉くなりたい!誰にも負けたくない!沢山稼ぎたい!と思って仕事をしている人は一体何人いるでしょうか?

あなたの職場に何人いますか?大体の人は、安定(安く定まり)を求めて変化を恐れ、自分の会社の業績も分からずのまま

今月は残業が少なかったなどと毎月の給料に一喜一憂している人ばかりではないでしょうか?

そういう人達は、一生スタートラインにも立てず終わる人生です。

そして人の足を引っ張るのが大好きなので、向上心がある変化を求める改革者を変人扱いして、あいつはバカだと言って毛嫌いします。

私の周りにも沢山同じような人がいましたが、全て結果を出して黙らせてきました。

デイブレイクは言わば超極細の中小企業にも及ばない小々企業です。

サッカーの話に戻りますが、設備が整った欧州の国ではありません。

どちらかというと、はだしでボールを追いかける中南米の国ではないでしょうか?

GDPや経済発展度では全く日本に及ばない国がサッカーでは日本が全く歯が立ちません。

なんとか経済大国に一矢報いてやろうというハングリー精神があるのでしょうか?

ここまでは前置きとして

本日の本題に入ります。

結論から入りますが、何が言いたいかと言うと求人を募集しています。

当社はタイトルの通り「年収1000万円がスタートライン」の会社です。

勘違いされる方も多いと思いますが、デイブレイクに入れば無条件で1000万円は稼げません。

ただ、稼げる可能性は他の企業に比べて格段と高くなります。

その道は極めて厳しい道のりです。

私が道しるべになるので、しっかりとついてくれば、きっといい景色が見えるでしょう。

私は甘えが故の優しさは持ち合わせていませんので、覚悟の上、お問い合わせ下さい。

一緒に日本一、いや世界一の「車屋」を目指しましょう。

私のビジョンにご理解を頂き、一緒に働きたい!!

そんなあなたは048-528-6511までお問い合わせ下さい。

それではご連絡お待ちしております。

☆一番心掛けていること☆

毎度ご覧頂きありがとうございます。

このブログを有料ブログにしようかな~と考えている今日この頃です。

一日1万アクセス突破したら考えるとしましょうか。

さて本日のテーマは、私が仕事をしている上で一番心掛けていることです。

それは、「機会ロスをしない」こと

つまり、チャンスに向けた準備をすること。

チャンスとは、いつ何時、どのタイミングでやってくるのか、分かりません。

せっかくチャンスがきても、準備が出来ていないとチャンスをものに出来ません。

非常にもったいないことです。

今日のたとえ話は、デイブレイクの日常

つまり私のリアルな体験です。

売れない車屋さんは必読ですよ!

当社は現車主義の車屋です。なので店頭に50台以上のアメ車が、ズラッと並んでいます。

その在庫管理を私が全て行っています。

洗車に、プライス管理に車検の管理、カスタムに不具合箇所の把握に売れた車と仕入れた車の入出庫の管理に、、展示場の並べ替えなどなど、、

やるべきことは沢山有ります。

その中で一番私が大切だと思うのは「洗車」です。

この車は新車並行で~カスタムも盛りだくさんで~バッチリ整備してご納車します!と能書きをたれたところで

ステップワンの洗車が出来てなくては、説得力が一つもありません。

ステップワンが出来ない人間がステップワンツースリーと上の仕事が出来ないと私は思います。

なので、その時点でせっかくお店に車を見に来てくれたお客様を逃がしてしまう。

つまり「機会ロス」が発生してしまうのです。

私クラスになれば現車が汚れていようと、例え現車が無くても、スキルでなんとかしてしまう事が出来るのですが

だいたいの車屋さんはそうはいかないでしょう。

私もこの仕事を始めて6年が経ちましたが、一番何を頑張ったか?というと洗車です。

ちなみにタイヤ交換もオイル交換もしたことが有りません。笑

洗車、空気圧点検、ウォッシャー液補充だけで、ここまでやってきました。

逆に業界未経験でこの世界に入り、メカニックで頭でっかちな知識をつけなかったのが良かったと思います。

当社は車両販売のほか、レンタカー事業も行っております。
事前にご予約頂くお客様がほとんどですが、突発的な事もしばしばとあります。

その際に、ちょっと洗車をするのでまっててください。とか中を掃除するので待っててください。とか
そんな事は問題外です。

そういう突発的なお客様はフィーリングで物事を判断される方が多いのでフィーリングが合えば
良いお付き合いが期待できるお客様が多いのです。

ここまでがレベル1の話です。

まずはみなさんレベル1から頑張りましょう。

ここから先のレベルの私が心掛けているチャンスへの準備ですが

まずは自己管理です。早寝早起きを心掛けて健康的な生活を送る事。

そうすることで突発的な出張にも万全の体調で望めます。

続いては出張の間、数日会社を空けても大丈夫な準備をする。

納車スケジュールなどを一週間前倒しで準備をする。

例え、急な部品の発注や作業漏れなどあっても一週間あれば、大体の事は対処可能です。

逆に順調にスケジュールが進んで納車も早まればお客様も喜びます。

その為に、毎週日曜日の夜に次週の行動計画を立てて

順調にスケジュールが進んでいるか?を毎日フィードバックをしています。

もちろん私個人だけではなく、会社全ての行動計画です。

そうすることで突発的な入庫などにも柔軟に対処が出来て

「機会ロス」を防ぐことが出来るのです。

チャンスというものは、常に身近にあり、みな平等にやってきます。

そのチャンスに気がつくか?

ものに出来るのか?

は、あなた次第です。

チャンスに向けた準備をすること

それがしっかりと出来る人が勝ち上がっていく。

勝つか?負けるか?

あなたは

どっちの人生がいいですか?

☆語彙力を高める☆

最近良いペースでブログが書けてます。

もっとブログ楽しみにしています!という声が広がればさらに頑張れるのですが、、、

今日のテーマは「語彙力」を高める。

語彙力を分かりやすくいうとボキャブラリーです。

みなさんも一度はボキャブラリーという言葉を耳にしたことがあると思います。

語彙力とは、、言葉の引き出しの多さです。

知識の多さと勘違いをしがちなのですが、、

長い本が一番いい本なら辞書が一番いい本になってしまいます。

語彙力のある人、ない人を分かりやすく説明をします。

テレビなどで芸能人が有名店に行って食レポをしているのを観たことがありますよね??

みなさんもご存じの、彦〇呂さんや、まい〇~で有名な石ちゃんなどは、ユーモアを交えながら食べ物の味だけではなく

お店の雰囲気や店主の雰囲気などを視聴者に分かりやすく表現が出来ます。

これは生まれ持った才能もあると思いますが、沢山の経験と努力そして勉強の成果があってこその芸だと思います。

それに比べて、新人アナや若手芸人などが食レポをすると、どうなるかというと、、

「スゴイ」「美味しい」などの抽象的な表現しか出来ません。なぜかというと現場での経験も無く、勉強もしていない為

圧倒的な言葉の引き出しの数が少ないのです。

もちろん私は「車屋さん」なので食レポをする機会が有りません。
でももしかしたら有名人になってする機会もあるかも?しれませんね。

私の仕事の「車屋さん」にも語彙力というものは非常に重要になっています。

私は普通の「車屋さん」では有りません。

単価100万円前後の国産車をお店で売るのは誰でも出来ます。
なぜかというと、「他店より安い」「他店より程度がいい」「他店より対応がいい」

だいたいこの三つの単語だけ知っていれば、業界未経験の人間が自動車業界に来てもだいたい結果を出せてしまいます。

なぜ、私が普通の「車屋さん」でないかというと

単価500万円以上の高額車両を、基本的には現車確認無しで電話とLINEにて販売しているからです。

当社は日本唯一のタンドラ専門店です。その為、北海道から沖縄まで全国のお客様から毎日沢山のお問い合わせを頂いております。

ご近所のお客様でしたら、直接ご来店を頂き、お車を見ながらお顔を合わせてご商談を進める事が出来ますが

遠方のお客様になるとそうはいきません。

現車をご確認せずにご成約を頂くケースがほとんどです。

なので、言葉選びというものが非常に重要となってくるのです。お顔も合わす事が出来ませんし、現車を見ていないので、その車の話も出来ません。

まずは頭の中で架空の人物像を作り、お客様の声質や話すスピードで、こちらもそのペースに合わせて

お客様の年齢やご職業などをヒアリングしながら、最初に作った架空の人物像に一つ一つの情報を当てはめていき

適切な言葉を選んでいき、ご商談を進めていきます。

電話だと、声質やスピードなどでお客様の人物像は、なんとなく分かるのですが

メールだとそうはいきません。

文字と文字のやり取りなので、かなり慎重になります。

話し言葉と書き言葉は、全くの別物です。

私の顧客層は9割は経営者の方なので、電話でお時間を取られたくない方も多いです。

ケースバイケースですが、メールでご商談をする事も多いので、送信前に誤字脱字がないか?

文面は妥当かどうか?を出版社の編集者以上にチェックをしています。

ちなみに、このブログは私の頭の中に書き留めた物をキーボードで文字にしています。

長くなりましたが今日のテーマに戻ります。

語彙力を高めるには

私は本を読んでいます。
20歳の時から毎日一時間は読書の時間にしています。
漫画も読みますし雑誌も読みます。最近では経済紙や自己啓発系の本を読んでいます。

ネットで検索すれば必要な情報がタダで手に入る時代に、本屋でお金を出して本を買って読むという行為は
非効率的だと思われますが、私はそうは思いません。

読書とは人間力を高めて、人に深みを与えてくれるものです。

食レポの話ではないですが、深みのない人間の話し方や考え方は、薄っぺらいですし何より説得力が有りません。

このブログを読んでいるみなさんも一日10分でも良いので読書をしてみてはいかがでしょうか?

この超多忙な私が出来るのですから、時間が無いという言い訳は出来ませんよ!

ゲームをしている時間、ネットサーフィンをしている時間、バラエティ番組を観ている時間。。

その時間も地球は回り、、時間は経っていきます。。

一度の人生、やるか?やらないか?

決めるのは、あなた次第。。

FACE to FACEの考え方

最近ブログの反響が多くて書きがいがあります。

さて今回のテーマは「FACE to FACE」の考え方です。

FACE to FACEとは顔を合わせるということ

物凄いシンプルなのですが、売れていない車屋さんはこれが出来ていないです。

世の中には三段階の会社のレベルが有ります。

実際はもっとありますが今回は三段階とします。

まずは東証一部業界大手の超有名な大企業

こちらのマーケティング展開としては、テレビコマーシャルや雑誌や新聞広告に芸能人やスポーツ選手を
多用していきます。

もちろん自分から一切の営業をすることなく、有名人が使ってたから良さそうだ!というユーザー認識を得る事が出来
売りたい物を売っていきます。

資本力やメディアとのコネクションがあれば、この手段が手っ取り早いでしょう。

続いては、地元で有名な中堅企業です。

大企業と違い、広告に有名人を利用できるほど資本力は有りません。

でも自社の社員や派遣社員を雇用出来る資本力が有ります。

このレベルの会社が、どのように顧客を取り組むかというと

テレアポです。地元で電話を掛けて名前を言えば、ある程度の人は知っているので友好的な手段です。

オペレーターの数にもよりますが、比較的広範囲にマーケティングが行う事が出来ます。

最後に資本力も無く、人員も少ない会社です。

大企業みたいにテレビコマーシャルも出来ません。

中堅企業みたいにテレアポをするブランド力も無ければ、人員も足りません。

上記二つの大企業や中堅企業と比べたら、絶望的な展開です。

さて、この会社がどうやってマーケティングをしていくか?というと

答えは

自らの足で営業に行き、お客様と向き合って自分を売る事です。

物凄く非効率な事ですが、私はこれ以上に効果的な事はないと思います。

だって実際にお客様と顔を合わせてお話が出来る。

そして自らの言葉で商品をオススメ出来るので説得力が違います。

もちろん、、そこでは「人間力」が必要です。

有名人を利用したテレビコマーシャルも有りませんし、会社の看板もありません。

自分自身が看板となって、やるしかないのです!!

今のデイブレイクを上記三つの企業に当てはめてみると

最後にご紹介をした大企業でもない、中堅企業でもないただの会社です。

ご近所のお客様は実際にご来店を頂き、店舗の雰囲気や実際にご検討を頂いているお車を目の前にして
ご商談する事が出来ます。

当社では実際にご来店を出来ない、北海道や沖縄までのお客様も沢山いらっしゃいます。

もちろん近所に車屋さんは沢山あると思いますが、、それでも埼玉のデイブレイクで車を買いたい!

そして私から車を買いたい!

そんなことを言われるのが何よりも嬉しいです。

そして私は感謝の意味も込めて、お客様がご希望すればご商談やご納車、お引き取りなども出張にてご対応しています。

売れない車屋さんや、物事を上手く理解出来ていない方々は口を揃えてこう言います

「自分で行く意味あるの?陸送屋さん使った方が安いじゃん?」

はっきり言って話になりません。

スマホ一つで何でも買える刹那的な世の中ですが、その時代だからこそ、人と人とのお付き合いというのは非常に大切だと思います。

FACE to FACEという言葉を胸に、これからも日本全国を飛び回っていきます。

☆優しさと甘えの違い☆

ブログを楽しみにしているみなさん
お待たせしました。

さて今日も気合いを入れて書きたいと思います。

さてさて今日のテーマは

「優しさ」と「甘え」の違いです。

この二つは似て非になるものです。

分かりやすく食べ物で例えるとしましょう。

まずは「甘え」これは簡単に言うと「駄菓子」のような物です。
その場しのぎの空腹には効果が有りますが、沢山食べても栄養価が無く
特に砂糖たっぷりな甘いお菓子を食べると、無駄な栄養が体の中に入り肥満の原因となります。

これを更に脳内に置き換えて考えてみましょう。

さて空っぽの脳内に甘いお菓子が沢山入ってきます。
もちろん大好きなので、どんどん入ってきます。

お腹いっぱいになりました。好きな物を沢山食べれたので一時的な満足感を得られます。

そしてしばらくすると、またお腹が空きます。またお菓子を食べます。そしてお腹が空きます、、、

これを永遠に繰り返していきます。

そうしたら「甘え」大好き人間の出来上がりです。

無駄な事は身につきますが、何も栄養になることは、やっていないので外見は加齢とともに変化をしていきますが
脳内は成長しておらず、子供のままです。

僕たちゆとり世代のほとんどがそうではないでしょうか??

そもそも、ゆとり世代が悪いのではなく、ゆとり世代を教育したバブル世代が原因ではないか?と最近は考えるようになりました。

そして続いては「優しさ」です。

食べ物で例えると食事です。

食事というのはごはんです。朝ごはんにお昼ご飯に夜ご飯。
生きる糧となるものです。

健康の為には、バランスの良い食事が必須です。

ごはんにお味噌汁に主菜にデザート。

全てが意味のあるものです。

さて、こちらも脳内に置き換えて考えてみましょう。

さて、空っぽの脳内に色々な食事が入ってきます。

お肉に野菜にお米に色々です。

苦手なニンジンが入ってきました。我慢して食べてみます。
健康の為に青汁を飲んでみましょう。とても苦い、、でも我慢です。

食事が終わりました。
色々な栄養が入り、何やら体の調子がいい。
青汁も我慢して飲んだので毎日快便です。

そしてしばらくすると、またお腹が空きます。
ちゃんとご飯を食べると体の調子が良い事を知っているのでバランスの良い食事を取ります。

これを繰り返していくと、、健康人間の出来上がりです。

まぁ当たり前の事なんですがね、、

「お菓子」も「食事」もどちらも食べると満腹になりますが

似て非になるものですよね。

「甘え」というものは、その場限りの解決方法で人を成長させるものでは有りません。

「優しさ」というものは。時には厳しい事や苦手な事もありますが、人を成長させるものです。

私の周りにも残念ながら「優しさ」と「甘え」を履き違えた教育を受けた人間は沢山います。

もちろんお砂糖たっぷりの甘々生活に慣れてしまった為に再教育は不可能です。

せめて自分の子供はそうならないようにしっかりと「優しさ」と「甘え」が分かる男に育てていきます。

☆個ではなく、集での戦い方☆

みなさんこんばんは

今日もMAX営業やりきりました。

さて今日のテーマは

「個」ではなく、「集」での戦い方

まずこのアメ車業界というか、輸入車業界、いや車業界、、

私個人と他店のイチ営業マン

個人対個人の戦いなら、この業界で私に勝てる人間はまずいないでしょう。

わたし自身完璧な人間ではありませんが、車屋という仕事に関しては完璧です。

決して誰にも負けない自信とそれを裏付ける実績が有ります。

日本一タンドラを売る男と巷ではウワサをされていますが、、

わたし自身が日本一になったところで個人の力というのは、たかが知れています。

わたしがオーガこと範馬勇次郎でしたら国家権力に立ち向かえますが、、現実はそうはいきませんね。

ここ最近、わたしが力を入れて取り込んでいるのが「集」での戦い方です。

つまり、デイブレイクという会社としての戦い方です。

プレーヤーとしてでは無く、マネジメントつまり教育に力を入れて勉強をしています。

「集」といっても結局は「個」の集まりが「集」になるのです。

なので、これからはわたし自身ももちろんですが

デイブレイクのスタッフのスキルアップを更に強化をしていき

「個」の力を高め、体力のある「集」を作り上げて行きます。

この目標が、次の目標に変わっているとき

株式会社デイブレイクは、どこの「集」にも負けない会社になっているはずです。

これからはわたし個人ではなく、株式会社デイブレイクにもご期待下さい。

それでは

☆無から有を生み出すには☆

こんばんは!
5月末は飛行機に新幹線にフェリーにと、、日本全国を飛び回っていました。
いまだに身体が心についていけていません(笑)

さてさて、、今日のテーマは

「無から有を生み出すには」

無とは、何もない状態

有とは、何かある状態

基本的に私がやることは、この業界ではまだ誰もやった事が無い。

「無」の部分の仕事が多いです。

基本的に物事を始める時は、計画を立てて効率を考えて行動をする事が基本です。

私も毎日のルーティンワークは効率性を考えて行動をしています。

ですが新しい事業を始める時や初めての経験をする時は「効率性」「計画性」という言葉を一切忘れます。

何を思って取り組むかというと、、「がむしゃらに一生懸命にやってみる」

ただこれだけです。。

まだ体験もしたことも無い「初めての出来事」について効率良く計画的にやろう!!

なんて考えている時間があったら、とりあえずやってみる!!

その時間の方が大切です!!

何事も積極的に取り組み、失敗や成功を繰り返し、人は成長をしていきます。

失敗を恐れ、挑戦をしない人に成長は有りません。

私は何事も「とりあえず、やってみる」の精神で

新しい事にチャレンジをしていき

「無」から「有」を生み出していきます。

☆1日24時間☆

みなさん、お待ちかねのブログのお時間です!

最近は思わぬところで大反響!?
色々と嬉しいお声を頂いています。

人間は影響を受ける側と影響を与える側の2種類がいます。

もちろん私は後者。。

皆様に刺激を与えていきます!!

さて1日24時間 そして365日

それが積み重なって人生となります。

15歳で社会に出る人、18歳で社会に出る人、22歳で社会に出る人

学生が終わったらほとんどの人は労働が待っています。

平均寿命が伸びて、年金受給も遅くなり、働く時間が長くなってきていますね。

1日24時間、あるとして8時間は睡眠の時間。そして働く時間が8時間。
休憩や通勤を含めれば10時間ほどは仕事に掛ける時間が有ります。

10時間というと、、一日の約半分の時間です。

日本人は私も含めて仕事が大好きです。

一カ月に何十時間も残業をします。

そうなってくると一日の半分以上を仕事に費やしています。

このブログを読んでいるみなさん、は何を思ってその8時間なり10時間を過ごしていますか?

毎日が誰かに指示をされてやりたくない仕事をやらされて

今日も仕事だるい早く終わんないかな~とか、今日は気分も乗らないし適当にやってさぼっちゃえとか

そんな風に毎日を過ごしている人がほとんどだと思います。

人生の中のたった一日というレベルで考えるとたいしたことのない問題ですが

1日24時間そして365日

365日x20年で7300日

向上心の無い毎日を20年過ごすと7300日

もうたった一日というレベルの話ではありませんね。

ゼロにいくつ掛けてもゼロのまま、歳は取るが全く成長しないまま
成長していってしまいます。

もちろん人生の大半を詰まらない事をやっているのでつまらない人間になってしまいます。

そういう人間に限って「俺は安定を選んだって言うんですよ。

私からしたら安定=安く定まっているだけなんですけどね。

このブログを読んでいる若い子が、人生を掛けて独立して自分の夢を追いかけている!という報告を数件、耳にしています。

私は石橋を叩いていて渡る人生ではなく、つり橋をスキップで渡る人生を歩んでいますので
そういう子達を応援したくなります。

地盤が固められた石橋もいいですが、不安定な世の中を歩く、人生のバランス感覚を身につけるには、不安定なつり橋を歩いていくのがもってこいです。

若干28歳の私が、こんな偉そうな事を毎回書いていますが、結果が出なければ、ただの勘違い野郎の痛いやつです(笑)

痛い奴にならないように気を付けて、毎日頑張っていきます!!

それではまた会いましょう